金継ぎ-こわれた器の修繕-・日本の伝統-蒔絵・螺鈿

入会金必要常時入会可
【講 師】 栗原蘇秀、木村由紀子(午前担当)
【開講日】 第4月曜10:00~12:30(現在午前クラスは新規入会を停止しています)、
第4月曜13:30~16:30(初~上級)

【受講料】 午前3ヵ月16,200円、午後3ヵ月18,600円(ともに材料費を含む)

【道具購入費】蒔絵筆、面相筆などの筆セットは7,150円、
【道具レンタル】毛棒パレットなど、1回ごとに午前540円、午後650円)

金継ぎ-こわれた器の修繕-

「金継ぎ」は「金繕い」ともいい、割れた部分を継ぎ、欠けた部分を成形し、その部分に金や銀の化粧を施し、器を修復する技法です。繕いの後を新たな景色となす日本独特の文化であり美学でもあります。この「金継ぎ」に加えて、うるしで加飾する「蒔絵繕い」の技法を使って、器に新たな魅力を添えます。「身近な蒔絵」を学ぶこともでき、熟練を要する部分には講師が手本を示し、完成度の高い作品に仕上げます。うるしは「本うるし」ながら、かぶれにくいので安心です。
……

日本の伝統-蒔絵・螺鈿

漆黒に広がる金銀の絵「蒔絵(まきえ)」は、長い伝統に培われてきた、世界に類にない日本の貴重な伝統工芸です。だが、「うるし」と言えばカブレを心配し、「蒔絵」と言えば熟練した職人ならではの高度な技術を想定し、一部の人にとっつきにくい印象があるのは否めません。この優れた工芸を、講師は、かぶれる心配のない新うるしと、NHKの番組「おしゃれ工房」でも大好評の独自の技法を使って、初心者でも気軽に親しめるように工夫しました。お椀・盆・皿・箸・箱など調度品、季節の色紙パネル、アクセサリー、貝合わせ、ひなかざり、干支、年賀状などに蒔絵を描きます。漆の塗りや、皮を漆でかためて器を作る「漆皮」の造形、螺鈿を散りばめる高度な技法も学ぶことができます。講座は、半年ぐらいでテーマをかえます。さあ、あなたも華麗なる「うるしと蒔絵」の世界にチャレンジしてみませんか。

持参品は筆記用具、はさみ、セロテープ、ぼろ布、楊枝です。

漆芸伝承の会主宰・漆皮工芸家、栗原蘇秀ら。

カテゴリー:常設講座, 彫刻・工芸, 昼/12:00~18:00, 月曜日, 朝/9:30~12:00

コメントは受け付けていません。