通信講座のご案内

毎日文化センターの通信講座は多彩な27講座!

◆書道の一覧はこちらをクリック
◆美術・絵画
俳画
水彩色えんぴつ
小さなスケッチ
写佛
◆文芸
文章教室
童話塾
エッセイ
短歌に親しむ
短歌実作
俳句
川柳しませんか
◆その他
デジカメ通信塾

入会と受講のご案内

通信講座とは年齢や経験は一切問いません!
通信講座では習いたいものを教室へ通う事無く、ご自宅でお好きな時間に自分のペースで進めていただく事ができます。遠方の方、お忙しい方、お年寄りの方におすすめです。毎日文化センターの通信講座は全講座、初心者の方から上級の方まで受講していただけます。ひとりひとりに合った指導を行いますので、どなたでも安心してご受講いただけます。どの講座も各界の有名な講師が、親切・丁寧をモットーに添削を行います。

月に一度のやりとりですが、作品を通しての講師との交流もまた1つの楽しみとなるでしょう。

受講継続の手続き・受講料の切れる前月までに継続の振り込用紙をお送りいたします。
必ず受講期間最終月の15日までに納入してください。継続手続きを遅れますとお手本の発送が遅れる場合があります。

通信講座のすすめかた
まずは講座のお申し込み(予約)
まずはお申込み(ご予約)ください。
電話、FAX、郵送、インターネット、いずれからでもお申込みいただけます。
お申込みを頂きましたら毎日文化センターから受講料をお支払い頂く為の必要な書類をお送りいたします。
受講料お支払いの確認が取れ次第、お手本や必要な教材をお送りいたします。
教材が届きましたら通信講座のスタートです。

作品の提出と返送
受講される講座が決まり、必要なテキストやお手本が届きましたら
(※講座によってはないものもあります)
さっそく第1回の作品のお稽古をしましょう。
作品ができましたら「毎日文化センター通信講座」まで提出してください。
(エッセイ・短編小説・童話塾はメールでの提出も受け付けています)
講師が丁寧に添削をし、講座によっては次のお手本や課題を一緒に同封してお返しいたします。
講師の添削やアドバイスをいかして翌月の作品をお稽古してください。
※提出状況や講師の事情などでお返しする日が毎月多少早くなったり遅くなったりします。ご了承ください。

提出の締め切り

講座によって違いますが、1カ月に1度作品の提出締め切りがあります。
締め切りまでに送っていただいた作品は、毎日文化センターが責任を持って講師にお届けし、お返しいたします。
締め切り日に間に合わない場合も6カ月以内であれば添削は行いますので、ご自身のペースで進めることが可能です。
但し、締め切りに間に合わなかった作品の添削は翌月回しとなりますので、返送が1カ月遅れる事となります。

コメントは受け付けていません。