N検直前合格講座の様子、公式サイトにアップ!

2019年11月07日

191013N検直前合格講座の受講風景

2019年11月7日

10月13日に開催した「第5回N検直前合格講座」の様子が、ニュース検定公式サイトにアップされました。

講義の様子や、受講者とのやり取りの一部も紹介されています。また、希望者には11月24日の第47回ニュース時事能力検定試験までの約40日間、メールでN検事務局が作成した問題などの資料を提供したり、受講生からの質問に答えでサポートしていることなどが紹介されてました。ニュース検定公式サイト、は以下のアドレスです。

https://www.newskentei.jp/release/20191013.html
次回の第48回時事能力検定試験は2020年2月16月(日)実施ですが、毎日文化センターでの直前合格講座は約1カ月前の1月12日(日)に実施予定です。

以下、はニュースサイトの内容をご紹介します。

 

第5回ニュース検定直前必勝講座を開催しました【大阪】

2019年10月13日(日)

第47回ニュース時事能力検定試験の「直前合格必勝講座」が10月13日、大阪市北区梅田の毎日新聞大阪本社ビルの毎日文化センターで開かれ、初めて1級にチャレンジする女性や苦杯をばねに再び挑戦する男性などが受講されました。

講師は昨年1級に合格した中島章雄毎日文化センター前社長。毎日新聞政治部首相官邸キャップなどを経験したことを踏まえて「みなさん、今日の朝刊をご覧になりましたか。日本や世界で起こった出来事が記事になっていますね。つまり『現在=今』の出来事です。記事はこれまでの出来事、『過去』が積み重なっての結果です。そして、それがこれからどうなるかは、過去から現在までの出来事を知っていれば、新聞、ニュースを丁寧に追いかけて行けば、どうなっていくかは自分なりに予測できるようになります。もし違っていても、なぜ違ったのかを考えましょう。新聞にはそのヒントがあります。それを読み、考えることで、ニュースがだんだんと面白くなってくると思います。そのための手段の一つがこのニュース検定だと思います」と、N検を受検する意味を説明。さらに、「考えることは大事です。そして、得た知識を他の人に教えたり、伝えたりすること、アウトプットと言いますが、それを繰り返すことで理解がさらに深まります。試験ですから一定程度の得点が必要です。突破するにはこうした『アウトプット』をすることが合格への近道になります」と、難関突破へのコツを伝授していました。

講座では、N検事務局が作成した①8月、9月のミニテスト計10問②毎日新聞朝刊に毎月1回掲載される「ニュース検定に挑戦」計3問(7月29日、8月26日、9月23日各朝刊)を詳しく解説。さらに出題分野である政治、経済、暮らし、社会・環境、国際の5分野の③「夏の時事問題10本トレーニング(計50問)」の中から出題傾向に沿った主な問題を取り上げ、質疑応答を繰り返しながら解説し、各問の出題意図、正答へのコツ、考え方のヒントなどを説明していました。

受講生からは熱心な質問が講座の前後にありました。「香港ではデモが激化していますが、なぜでしょうか」「スウェーデンのグレタ・トゥンベリーさんが国連で演説しましたが、スウェーデンの温暖化対策は?」「アメリカはなぜイランと対立しているのか」などなど、一つひとつ丁寧に説明するとともに、中島講師から改めてメールで回答する項目もありました。この講座では、希望者の疑問に講座終了後も講師がメールで答えるなどしてサポートが続きます。

第48回N検<2020年2月16日(日)実施>のための直前合格講座は、1月12日(日)に毎日文化センターで開催予定です。問い合わせは、第47回N検終了後の11月25日以降に同文化センター(06・6346・8700)まで。

 

 


TOP