文学・文芸

三島由紀夫を楽しむ 『豊饒の海 天人五衰』を読む

三島由紀夫を楽しむ

日本人で初めてスーパスターと呼ばれた人物が、三島由紀夫であることをご存じでしょうか。小説家、劇作家、評論家、さらには俳優としても活躍し、当時の社会に大きな影響を与えました。今年は、あの衝撃の三島の自決からちょうど50年に 詳細を見る

古典朗読を楽しむ

古典朗読を楽しむ

長い時を経て今なお私たちの心に響く古典の文章の数々を、声に出して読むことで味わう講座です。呼吸法を主体とする体操で体をほぐし、「外郎売のせりふ」で発声練習を行います。現代語訳を読んで意味を知った後、古文の美しい言葉や心地 詳細を見る

源氏物語を読む 原文をゆっくり、じっくり、とっくり

源氏物語を読む

千年の時を経て、なお魅力を増す源氏物語。人生のあらゆるドラマを織りなし、現代をも映し出す鏡です。原文の面白さを味わいながら、一緒に読んでみませんか。古文を読むのは難しそう、大変そう、という方でも大丈夫。受講者の皆さんで声 詳細を見る

史記を読む

史記を読む

「鴻門の会」や「四面楚歌」で知られる司馬遷の『史記』は、歴史書であるとともに一種の伝記文学でもあります。なかでもとりわけ面白いのは、中国古代のさまざまな人物の伝記を生き生きと描く「列伝」の巻でしょう。   古典 詳細を見る

時事川柳

時事川柳

社会的に影響のある時事ネタを、日常生活で誰もが経験する「食べる」「寝る」「働く」などの身近な視点から詠んでみませんか。実作と発表、相互批評、秀句観賞、座談などを行います。  

楽しく現代日本文学を読もう

楽しく現代日本文学を読もう

知られざる作家の素顔、作品誕生の秘話、社会情勢との関係などを解説します。明治の文豪から話題の新人作家まで、受講者の希望を取り入れて、扱う作品を決めます。文学はこんなにも面白い!

漱石の「三四郎」を味わう

漱石の「三四郎」を味わう

「文学」の別名は、青春・恋愛・そして人生そのもの、とも言えよう。漱石の青春小説『三四郎』を、じっくりと味わう。熊本から上京した東京帝国大学1回生の23歳の三四郎は、美麗で知的な都会の女・美禰子に惹かれていく。かつて漱石自 詳細を見る

ワンランクアップの童話塾

ワンランクアップの童話塾

満席のため空席が出るまで受け付けを停止します   初心者には分かりやすく、レベルアップを望む人には公募入選を目標に、個人指導に近い形で丁寧にサポートします。すでに大賞・入選者が出ており、作品づくりの秘伝を丁寧に 詳細を見る

平家物語の人間像

平家物語の人間像

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす   『平家物語』冒頭のあまりにも有名なくだりです。私たちの魂を揺さぶり、一度耳にしたら忘れられないようなインパクトがあります。平家 詳細を見る

漢詩を味わう

漢詩を味わう

三千年の歴史を持つ中国の詩は唐の時代に型式・内容ともに完成しました。 唐代の李白・杜甫・白居易、宋代の蘇軾・陸游、金元代以降、また唐代以前の「古詩」や陶淵明の詩などを選び、詩人の心情や詩の型式などを解説します。 &nbs 詳細を見る


TOP