金曜日

三線(さんしん)  沖縄民謡とポップス

三線(さんしん)

三線は沖縄を代表する楽器で、心に響く豊かな音色が魅力です。人々の間に長く歌い継がれてきた沖縄民謡や、「島唄」・「涙そうそう」・「花」を含む、なじみのある曲などを幅広く学びます。 現役で演奏活動をしている講師が基礎から上級 詳細を見る

近畿市町村広報紙セミナー

近畿市町村広報紙セミナー

2020年度「近畿市町村広報紙セミナー・コンクール」中止のお知らせ   毎日新聞社・毎日文化センター主催の「近畿市町村広報紙セミナー・コンクール」には、いつもご協力、ご理解をいただきまして、ありがとうございます 詳細を見る

時事川柳

時事川柳

社会的に影響のある時事ネタを、日常生活で誰もが経験する「食べる」「寝る」「働く」などの身近な視点から詠んでみませんか。実作と発表、相互批評、秀句観賞、座談などを行います。  

裏千家

利休居士の教える「和敬清寂」の心を基調に「道・学・実」を収得し、日常の実生活をより一層豊かにしましょう。普通科は小習まで。研究家は四ヶ伝以上を対象に指導します。   指導:正教授、藤井宗熙(金曜) 准教授、辻宗 詳細を見る

ハワイアン・フラ

ハワイアン・フラ

フラは身ぶり手ぶりで物語を表現します。雨、虹、風、太陽、月など自然物や気候をあらわす動作で、全身を使ってメッセージを伝えます。 まずは足の動き、次にハンドモーションを習い、ハワイアン・ムードにひたっていただきます。 ハワ 詳細を見る

ポストコロナ後―新時代の思想構築へ 古今東西から学ぶ

ポストコロナ後―新時代の思想構築へ

❑21世紀に入って20年が経過しましたが、その時代精神とは何か明確なイメージが共有されているでしょうか? 冷戦終焉後、グローバル化が進展。恒久平和が実現し、環境問題も人類一丸となって解決して、だれもが豊かで幸福な世界が実 詳細を見る

日本古代史復元の試み 戦後史学を見直す

日本古代史復元の試み

今年2020年は戦後75周年にあたります。戦後史学は『古事記』や『日本書記』の皇国史観が軍国主義につながった反省から出発しました。記紀の神話や伝承が天皇中心の古代律令国家を合理化するため、七世紀以降の『創作』という見方を 詳細を見る

ブッダの最期のことばにまなぶ

ブッダの最期のことばにまなぶ

 2500年前に生きたブッダ。そのことばにはひとを活かす知恵がつまっています。「大パリニッバーナ・スートラ」はブッダの最期のことばを誇張もなく忠実に伝えています。この講座ではブッダ最後のことばから、現代人へのメッセージを 詳細を見る

俳句の小径

俳句の小径

「俳句に興味はあるけれど、なんだか難しそう」 「こっそり俳句を詠んでいるけれど、これでいいのかなぁ」 なんて思っている方。下町の俳人、木割大雄と俳句の世界をのぞいてみませんか。   有名・無名を織り交ぜた先人の 詳細を見る


TOP