月曜日

狂言と親しもう

狂言と親しもう

狂言は、当時の一般庶民が登場し、ちょっとした失敗話などユーモラスに富んだ《喜劇》です。所々古めかしい言い方などはありますが、狂言の台詞は現代の言葉と余り変わりません。 台詞回しのおもしろさやリズムを体感しませんか。 &n 詳細を見る

初期キリスト教美術 その輝きを探る

初期キリスト教美術 その輝きを探る

313年のローマ帝国キリスト教公認前から世界終末とされた1000年までの「初期中世」。その美術の内容も多様ですが、一言で「輝き」の美術と言ってよいでしょう。 つまり影のない光だけの世界が表現されているのです。2世紀からカ 詳細を見る

金継ぎ -こわれた器の修繕-

金継ぎ

「金継ぎ」は「金繕い」ともいい、割れた部分を継ぎ、欠けた部分を成形し、その部分に金や銀の化粧を施し、器を修復する技法です。 繕いの後を新たな景色となす日本独特の文化であり美学でもあります。 この「金継ぎ」に加えて、うるし 詳細を見る

楽しい朗読

楽しい朗読

美しい声が必要ではありません。個性ある声を自分のものにして、伸び伸びと声を出すことが大事です。 「まず呼吸法を主体にした体操で身体をほぐします.しかっりと声をだして発生練習の後、詩や昔話、文学作品等を読みながらアクセント 詳細を見る

木彫

木彫

スパイス入れ、花台、手鏡などで彫刻刀の使い方を覚えたあと、能力に応じて自由な教材を選び個人指導します。 木彫の楽しさを味わいながら、手を使うことで老化防止にも役立ちます。 自分で作り上げた作品で生活に潤いと豊かさを加えて 詳細を見る

古武道『本體楊心流』

古武道『本體楊心流』

物騒な世の中、自分の身は自分で守りましょう。本體楊心流は、棒術、柔術に加え、突っ込んでくる太刀を素早い体さばきでかわす小太刀術を中心に、江戸時代の仙台白石藩で誕生。「いつ、いかなる状況でも怪我をしないこと」を最も大事にし 詳細を見る

観世流謡曲

観世流謡曲

初めて謡を習う方から、経験のある方まで、それぞれの経験に合わせた入門、初級、中級、上級の4段階に分けたグループ稽古をします。発声から謡本の読み方、節の扱い方などきっちりと基本が習得できます。初めての方は『観世流初心謡本( 詳細を見る

縄文から弥生へ

縄文から弥生へ

日本文化の基盤に位置付けられてきた縄文文化と弥生文化。狩猟採集の縄文と稲作の弥生は対立的にとらえられる場合が多いのですが、その関係について様々な角度から検討します。   その上で、特に近年の縄文文化研究の成果を 詳細を見る

日本の神々  -神社と聖地-

日本の神々 

日本の神々の伝承や祭祀儀礼、神社と聖地を理解することは、日本の本質に迫る道ではないでしょうか。日本の生活文化として古代から現代まで生きる宗教文化を知り、日本の心の鍵を解明します。 今期は、大阪と奈良を舞台に、特に古い由来 詳細を見る

民謡・安来節

民謡・安来節

どじょうすくいで有名な民謡・安来節(やすぎぶし)は、天に抜けるような響きの陽気な唄です。 思い切り声量いっぱいの声を出して、唄う歓びを感じてみませんか。   声の出し方を学んで、少しずつ声量をあげて、自分の声を 詳細を見る


TOP