文学・文芸

芭蕉の粋な俳文を楽しむ

芭蕉の粋な俳文を楽しむ

松尾芭蕉は日本文学史上を代表する江戸時代の俳人です。全人格をかけて文学に取り組んだ芭蕉の作品は、時代を越えて胸にせまるものを持っています。旅の詩人としての代表作『おくのほそ道』はよく知られていますが、今回は、芭蕉の粋で俳 詳細を見る

栄花物語の世界 ~道長の栄光~

栄花物語の世界

道長が極めた摂関政治とは? 道長が「この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば」と詠んだあの頃から千年、御代がわりを節目に、改めて千年の昔を尋ねてみるのは如何でしょう。 道長の権力構造は、現代の諸相をも炙り 詳細を見る

武士の書状をよむ 古文書経験者向け

武士の書状をよむ

書状は人となりを如実に示すものとして重要です。内容だけでなく筆遣い、書風などを知り、その時代を生きた人びとの息づかいの一端に迫ります。織豊期から三代将軍家光までの書状を順に読みます。   1、講座で取りあげる時期と人物 詳細を見る

日本書記の神話を読む3

日本書記の神話を読む3

日本書紀の神話を読む・天孫降臨章(第9段) 『日本書紀』の特色は神話から書き出され、そこに神と人とのまじわりを書いていることである。したがって事実を人の行いとして語ることよりも神の行いとして語る場合が多くなる。政治をはじ 詳細を見る

漱石の「三四郎」を味わう

漱石の「三四郎」を味わう

「文学」の別名は、青春・恋愛・そして人生そのもの、とも言えよう。漱石の青春小説『三四郎』を、じっくりと味わう。熊本から上京した東京帝国大学1回生の23歳の三四郎は、美麗で知的な都会の女・美禰子に惹かれていく。かつて漱石自 詳細を見る

ワンランクアップの童話塾

ワンランクアップの童話塾

満席のため空席が出るまで受け付けを停止します   初心者には分かりやすく、レベルアップを望む人には公募入選を目標に、個人指導に近い形で丁寧にサポートします。すでに大賞・入選者が出ており、作品づくりの秘伝を丁寧に 詳細を見る

平家物語の人間像

平家物語の人間像

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす   『平家物語』冒頭のあまりにも有名なくだりです。私たちの魂を揺さぶり、一度耳にしたら忘れられないようなインパクトがあります。平家 詳細を見る

万葉の花と歌に親しむ

万葉の花と歌に親しむ

可憐な万葉の花に魅せられて、話が弾み、笑いがたえないひとときを過ごしています。大和路や京都などを訪ねて、野辺に咲く花を丁寧に解説。万葉集に登場する万葉人が愛でた花々を紹介し、人々がそれらに心を託した思いを、歌からも偲びま 詳細を見る

通信講座 エッセイ教室

通信講座 エッセイ教室

【提 出】毎月1作品、原稿用紙10枚以内、再提出枚以内、再提出も可。 【締 切】毎月15日 、講師が添削後月末に返送 常の出来事をさらりと書いて、しかも心に残るエッセイを目指します。 叙情的なものから社会性のあるものまで 詳細を見る

日本美術にみる天文と信仰

日本美術にみる天文と信仰

日本の美術作品を概観すると、星や天文についての認識を示す作品が、古代・中世を中心に比較的よく残されていることに気づきます。それらは天に関する信仰に支えられ、ヨーロッパ、インド、中国などの最先端の科学知識とも結びついて制作 詳細を見る


TOP