歴史

卑弥呼と箸墓古墳を語る

卑弥呼と箸墓古墳を語る

邪馬台国時代の女王卑弥呼については、生涯、事跡など、多くの謎につつまれています。特に、人物像、遣魏使発遣年、銅鏡百枚、卑弥呼没年、埋葬古墳など未だに決着をみない事項が多くあります。   本講座では理工系の観点か 詳細を見る

「令和」の話 ~万葉集へのいざない~

「令和」の話

新元号「令和」は現存する日本最古の歌集『万葉集』が典拠です。これまでの元号が全て漢籍からの引用だったのと違い、国書由来の元号の誕生で日本の古典文学への関心が高まっています。   天皇から防人までさまざまな人の歌 詳細を見る

近代日本の建築家

近代日本の建築家

あの建築を設計したのはこんな人をテーマに、文明開化の旗印のもと西洋化された建築に関わる建築家を、順に取り上げます。西洋と出会った棟梁たちや、辰野金吾、武田五一、ヴォーリズなど。 ※教室での講義です。現地見学はありません。 詳細を見る

古代史再発見

古代史再発見

わが国では飛鳥時代以来、都を舞台にさまざまな歴史が展開されてきました。政争に勝利して歴史に名を残した者がいれば、敗者となって消えていった者も少なくありません。その裏には、陰湿な策謀や人びとの思惑が重なり合っており、先入観 詳細を見る

古代地域を結ぶ氏族と寺社

古代地域を結ぶ氏族と寺社

平城京に税金を納めての帰り、空腹を抱え道なき道を遠くまで帰る道中、足を踏む外し断崖から落ちて亡くなるということは珍しくありませんでした。にもかかわらず、300キロ以上離れた遠隔の地の寺院が同じ系列の瓦でつながっていること 詳細を見る

縄文論争をひもとく

縄文論争をひもとく

明治10年にモースが大森貝塚を発掘した直後から、学界では縄文文化に関して様々な意見がかわされてきました。 「縄文人・縄文文化と日本人・日本文化との関係は?」「地域性の強い縄文土器をひとくくりにしてよいのか?」「縄文時代に 詳細を見る

関ヶ原合戦と幕藩体制の形成

関ヶ原合戦と幕藩体制の形成

関ヶ原合戦をめぐる近年の研究は百花繚乱の観を示しており、議論の方向も多岐にわたっています。そしてそれは、同合戦によって形成される幕藩体制に関する歴史像をも大きく改変することになります。講座では、これら近年の研究動向を解説 詳細を見る

よくわかる考古学・古代史の論点 最新の発掘調査成果から考える

よくわかる考古学・古代史の論点

近年の考古学調査と歴史研究の進展によって、かつて教科書で習った古代史の常識が次々と書き換えられています。古代史の謎はどこまで解明されたのか。今注目されている論点は何か。最新の発掘調査や理化学分析の成果、学界の論争を紹介し 詳細を見る

民衆生活からみる日本近代史

民衆生活からみる日本近代史

<近代>という新しい時代を迎えた日本の民衆は、どのようにそれを受けとめ、消化し、乗り越えていったのか。時代は民衆と共に変化し、新しい様相を見せる。<民衆生活史〕という歴史分野の扉を開いてみましょう。 【 詳細を見る

日本人の知らない京都 ~英語で案内しよう~

日本人の知らない京都

毎年、たくさんの外国人が訪れる京都。外国人のお友達に日本の素晴らしい文化、京都の魅力を英語で紹介しましょう。 王道観光スポットから、日本人でさえ知らない風習や伝統、 実は外国人には大人気の意外な場所やモノの情報まで。 簡 詳細を見る


TOP