歴史

百舌鳥・古市古墳群が語るもの ★7月8日開講!

百舌鳥・古市古墳群が語るもの

~2019年7月6日に世界遺産登録された百舌鳥・古市古墳群の価値~ 仁徳天皇陵の名で知られ、世界3大墳墓のひとつといわれる日本最大の前方後円墳を含む、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群は、日本古代史を解明する上に欠く 詳細を見る

大阪に誕生した世界遺産 百舌鳥・古市古墳群に記紀万葉を楽しむ

大阪に誕生した世界遺産

世界遺産に登録されたことで、改めて注目を集めるふたつの大きな古墳群。なぜ百舌鳥・古市という場所に古墳が造られたのか、その地に葬られたことで古墳はどんな役割を担うのか。 被葬者とされる人物を話題の入り口にして、『日本書紀』 詳細を見る

もう一度読む『人間失格』

もう一度読む『人間失格』

今年6月に生誕110年を迎えた太宰治。晩年の代表作『人間失格』を、この機会に読み直してみませんか。   青春時代に愛読した方、嫌悪された方、読んだけれども忘れた方も、今読んでみると、以前とは違う感想が出てくるか 詳細を見る

もう一度学ぼう日本史11

もう一度学ぼう日本史11

  むかし学校でならったはずの日本の歴史。うろ覚えだったり、前後のつながりがわからなくなったりしておられませんか。    今回は室町時代です。室町時代は天皇の存在がもっとも危うかった時代といえます。吉野の南朝はおろか、京 詳細を見る

日本の神々  -神社と聖地-

日本の神々 

日本の神々の伝承や祭祀儀礼、神社と聖地を理解することは、日本の本質に迫る道ではないでしょうか。日本の生活文化として古代から現代まで生きる宗教文化を知り、日本の心の鍵を解明します。  今期は、大阪と奈良を舞台に、特に古い由 詳細を見る

ミステリー日本史 日本史の謎に迫る!

ミステリー日本史

歴史には、時に不思議な出来事が起こります。嘘か本当か、語り継がれていまも真相のさだかではないミステリーを、時代を追って検証していきましょう。映画を観るように面白い解説で、歴史に詳しくない方も楽しめます。   ① 詳細を見る

小松帯刀の秘策 テーマ:危機を乗り切るリーダーの条件

小松帯刀の秘策

小松(こまつ)帯刀(たてわき)は、薩摩藩城代家老として幕末を生きた人物でした。 西郷隆盛や大久保利通の功績は、帯刀の存在なくしては、成しえませんでした。朝廷と幕府双方から絶大な信頼を得、15代将軍慶喜に大政奉還を決断させ 詳細を見る

卑弥呼と箸墓古墳を語る

卑弥呼と箸墓古墳を語る

邪馬台国時代の女王卑弥呼については、生涯、事跡など、多くの謎につつまれています。特に、人物像、遣魏使発遣年、銅鏡百枚、卑弥呼没年、埋葬古墳など未だに決着をみない事項が多くあります。   本講座では理工系の観点か 詳細を見る

近代日本の建築家

近代日本の建築家

あの建築を設計したのはこんな人をテーマに、文明開化の旗印のもと西洋化された建築に関わる建築家を、順に取り上げます。西洋と出会った棟梁たちや、辰野金吾、武田五一、ヴォーリズなど。 ※教室での講義です。現地見学はありません。 詳細を見る

古代史再発見

古代史再発見

わが国では飛鳥時代以来、都を舞台にさまざまな歴史が展開されてきました。政争に勝利して歴史に名を残した者がいれば、敗者となって消えていった者も少なくありません。その裏には、陰湿な策謀や人びとの思惑が重なり合っており、先入観 詳細を見る


TOP