宗教・思想

親鸞「西方指南抄」を読む 親鸞のこころに触れる

親鸞「西方指南抄」を読む

『西方指南抄』は親鸞最晩年の大著であり、内容は師の法然聖人の言行録とも言えるものです。現在の立場から見ると、親鸞と法然の間には、思想的に微妙な相違があるようですが、本書では親鸞は、法然のすべてを受け容れることによって師へ 詳細を見る

おもしろ仏像講座 「仏像のこころ」を読み解きませんか?

おもしろ仏像講座

心に残る路傍のかわいい石のお地蔵さん!! 阿弥陀さんの頭はなぜアフロヘアーなのか? 観音さんは、なぜ蓮の花を持っているのか? 仏像の見分け方や、形などを通して「仏像のこころ」を、私たちに、私たちに向けてのメッセージを読み 詳細を見る

ポストコロナ後―新時代の思想構築へ 古今東西から学ぶ

ポストコロナ後―新時代の思想構築へ

❑21世紀に入って20年が経過しましたが、その時代精神とは何か明確なイメージが共有されているでしょうか? 冷戦終焉後、グローバル化が進展。恒久平和が実現し、環境問題も人類一丸となって解決して、だれもが豊かで幸福な世界が実 詳細を見る


TOP