電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:佛教大学歴史学部教授原田敬一

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第2金曜15:30~17:00

受講料 6カ月6回15,180円
開催地

日本の近代史にも、「余人に代えがたい」力を発揮してきた人物が暗殺され、大きな事業が挫折したという例がいくつも見られます。佐久間象山、坂本龍馬、横井小楠、大村益次郎が暗殺されなければ、明治維新とその後の日本はどうなっていただろうか、とも思いませんか。今回は史料の豊富な(明治・大正・昭和)から五人を取り上げてみました。<歴史のif>は<歴史>という山に別のルートで登る試みです。

第1回 紀尾井坂の変-大久保利通が暗殺されていなかったら-(1878年)
第2回 代言人一号-星亨が暗殺されていなかったら-(1901年)
第3回 東京駅頭刺殺-原敬が暗殺されていなかったら-(1920年)
第4回 実業同志会-武藤山治が暗殺されていなかったら-(1934年)
第5回 二・二六事件-高橋是清が暗殺されていなかったら-(1936年)
第6回 安保闘争-浅沼稲次郎が暗殺されていなかったら-(1960年)

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP