電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:帝塚山大学考古学研究所特別研究員甲斐 弓子

講座タイプ:
初回講座日 2019/04/22
コース

原則第4月曜15:30~17:00

受講料 6カ月・6回14,260円
開催地

平城京に税金を納めての帰り、空腹を抱え道なき道を遠くまで帰る道中、足を踏む外し断崖から落ちて亡くなるということは珍しくありませんでした。にもかかわらず、300キロ以上離れた遠隔の地の寺院が同じ系列の瓦でつながっていることもあります。氏族の繋がりが残す足跡から当時の世界を垣間見ることが出来ます。

 

20194月~20199月のカリキュラム★

1)422日(月) 「聖徳太子と眷属たちの情熱 ―法隆寺式瓦当文様の広がりと文化圏の広がり」

2)5月27日(月) 「河内と尾張 尾張氏の勢力範囲

3)6月24日(月) 「大和と相模・天武系一族の繋がり―「相模国天平七年封戸租交易帳」から見られること」」

4)7月22日(月) 「大和檜隈寺と安芸国」

5)8月26日(月) 「生き続ける聖徳太子と法隆寺領播磨国鵤荘」

6)9月23日(月・祝日ですが開講) 「謎の百済大寺造営とその地 ―吉備池廃寺は!」

 

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP