電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:帝塚山大学考古学研究所特別研究員甲斐 弓子

講座タイプ:
初回講座日 2018/10/22
コース

原則第4月曜15:30~17:00

受講料 6カ月・6回14,260円
開催地

今上陛下が譲位され、皇太子殿下が即位されると「平成」は終わります。日本は島国ですが、自然からの恵みの多い国であります。反面、大きな災害もある国です。平成を振り返ってみましても大きな災害で多くの大切な命が犠牲となりました。

来年、5月を期して年号が新しくなります。年号は、皇帝が時を支配するという中華思想で、漢の武帝の時に建元と号したものが始まりとされています。しかし、日本には私年号と称されるものもあります。日本歴史の中で即位、災害、縁起、吉凶年等様々な理由で年号を改めています。10月から半期、「年号」をキーワードに即位以外で年号を変えた天皇を中心とした時代を見てみたいと思います。

 

201810月~20193月のカリキュラム★

1022日(月)「大化5年から白雉へ孝徳天皇

1126日(月)「朱鳥(あかみどり)辛酉の年天武天皇

1224日(月) 祝日ですが開講します。

「朝廷があざむかれて立てた縁起の大宝元年―文武天皇―」

128日(月)「和銅献上の祝賀に和銅元年元明天皇

225日(月)「『変わるまじき常ののり』と大瑞聖武天皇

325日(月)「大瑞・亀に生ずる聖武天皇

 

 

 

 

 

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP