電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:大阪学院大学 法学部教授笠谷 和比古

講座タイプ:
初回講座日 2020/06/17
コース

原則第1水曜15:30~17:00

受講料 6カ月6回13,200円
※カリキュラムは1年分表記
開催地

★2020年6月17日(水)13:00~14:30に、今期開講! 4月開講を延期して6月スタートです。
初回のみ時間が異なりますのでご注意下さい。

 

7月以降は、15:30~17:00に行います

 

 

明智光秀はなにゆえに反乱の兵を挙げたのだろうか。光秀の行動の背後には黒幕の暗躍があったのではないか、どのような陰謀が仕組まれていたのだろうか。

また織田信長の遺骸はどこに消えてしまったのだろうか。

安土城はいつ、どのようにして焼失してしまったのだろうか。

信長と本能寺の変をめぐって、歴史の興味は尽きません。

本講座ではこの問題を、信長の自己神格化という特異な行動の観点から分析していきます。

★2020年6月~2021年3月予定★
1 6月17日

13:00~14:30

本能寺の変をめぐる諸説
2 7月1日 若き日の信長と桶狭間の戦い
3 8月5日 明智光秀の出自とその事績
4 9月2日 上洛と反信長戦線
5 10月7日 一向一揆
6 11月4日 長篠の合戦
7 12月2日 安土城と信長の政権理念
8 1月6日 信長と朝廷
9 2月3日 本能寺の変
10 3月3日 本能寺の変の歴史的意義

 

※カリキュラムは4月開講→6月開講に変更に伴い、1年分12回→10回に組みなおして表記。後期の受講料は、2200円×残月数で計算

 

※2019年10月~2020年3月期の「関ケ原の合戦と幕藩体制の形成」最終回、3月休講分は保留。3月分を代講するかどうか検討中

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP