電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:漆芸伝承の会主宰・漆芸家 監修 栗原蘇秀認定講師、花村邦子

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第4月曜13:30~16:30

受講料 3カ月・3回18,600円
開催地

漆黒に広がる金銀の絵「蒔絵(まきえ)」は、長い伝統に培われてきた、世界に類にない日本の貴重な伝統工芸です。

だが、「うるし」と言えばカブレを心配し、「蒔絵」と言えば熟練した職人ならではの高度な技術を想定し、一部の人にとっつきにくい印象があるのは否めません。

この優れた工芸を、講師は、かぶれる心配のない新うるしと、NHKの番組「おしゃれ工房」でも大好評の独自の技法を使って、初心者でも気軽に親しめるように工夫しました。

お椀・盆・皿・箸・箱など調度品、季節の色紙パネル、アクセサリー、貝合わせ、ひなかざり、干支、年賀状などに蒔絵を描きます。

漆の塗りや、皮を漆でかためて器を作る「漆皮」の造形、螺鈿を散りばめる高度な技法も学ぶことができます。講座は、半年ぐらいでテーマをかえます。

さあ、あなたも華麗なる「うるしと蒔絵」の世界にチャレンジしてみませんか。

【漆・筆セット代】必要時に購入できる蒔絵筆、面相筆などの筆セットは、5,210円です。
【レンタル道具】毛棒、パレットなど
※買い取りもできます(18,000円+税)※午前コース1回540円、午後コース1回650円、午前・午後コース1回1,190円でお貸しします。






【持参品】はさみ、エプロン、わりばし、爪楊枝、ぼろ布、セロテープ、筆記用具など




◆常設講座「金継ぎ」もあります。

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP