電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:毎日新聞社校閲センター大阪グループ副部長澤村斉美

講座タイプ:,
初回講座日 2020/04/26
コース

受講料 1回2,860円
開催地

 

毎日文化センターは
4月4日(土)~5月6日(水)
まで休館が決まりました。

現在、延期して行う予定で、日程を調整中です。決まり次第、ご案内します。

ご予約いただいた皆様へメールをお送りしました。2020年4月7日(火)15時ころ

メールが届いていない方は受信許可設定などを確認いただき、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

2020年4月26日(日)10:30~12:00は延期して行います。6月下旬以降の予定です。

GW以降の状況をみて決定します。

 

作文や投稿を趣味とされる方はもちろん、実務的な文書から日ごろのメールまで、生活の中で文章を書く機会は意外と多くあります。文章を間違いなく、読みやすく整えるために必要なのが校閲という作業です。書いたものを読み直して不備をなくし、より良く仕上げるコツがあります。現役の新聞校閲記者が、言葉の使い方の悩みや疑問を取り上げながらコツを語り、日本語力を磨きます。

 

2月8日に開催した講座が大変好評で、4月に増設が決定しました。
内容は2月8日開催分とは違った例題を出しながら進めます。
2月を受講された方もお楽しみいただけるかと思います。
是非、お待ちしています。

 

 

2020年2月8日に開催された「日本語力を磨く 校閲講座」の講師が講座の様子を
毎日ことば」内の校閲記者ブログに書きました。

 

是非、ご覧ください。

 

 

動画でもご覧いただけます。

 

 

 

講師=澤村斉美(さわむら まさみ)

2007年毎日新聞社に校閲記者として入社。現在、校閲センター大阪グループ副部長。学生時代から短歌に親しみ、「塔」編集委員を務める。

共著書に毎日新聞校閲グループ「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(17年)。

 

 

 

 

必ずお読みください

 

受講料は前納していただきます。こちらの講座は入会金不要です。受講料のみで受講できます。満席になり次第、キャンセル待ちでの受付になります。

ご予約のお電話をいただきましたら、センターから専用の払込用紙を送付します。ご入金はゆうちょ銀行・郵便局での払い込み、または当センター受付窓口で直接お支払いのいずれかでお願いしております。恐れ入りますが払い込み手数料はご負担ください。
※払込用紙の半券(払込票兼受領証)は受講票代わりになります。なくさないよう保管し、開講当日に当センター2階受付(講座によっては開講教室受付)で提示ください。
※当日のキャンセルのお申し出による受講料の返金はできかねますのでご了承ください。

毎日文化センター大阪校閲講座

毎日文化センター大阪校閲講座

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP