電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:乙訓の文化遺産を守る会(古文書部会)会員杉村卓二

講座タイプ:
初回講座日 2019/03/05
コース

2019年3月5日(火)13:30~15:30

受講料 1回2,360円
(資料代込み)
開催地

江戸時代の寺子屋は庶民の学校でした。寺子屋の漢字学習の教科書として人気を得ていた『小野篁歌字尽』の版本を読んでみましょう。

 

似かよった字の違いや、難しい漢字が5・7・5・7・7の短歌で楽しく覚えられるようになっています。そのうち36首を紹介します。変体仮名で書かれた歌を講師と一緒に音読するので、歌とともに変体仮名や漢字のくずし字を学ぶことができます。

 

「 椿(つばき)  榎(ゑのき)  楸(ひさぎ)  柊(ひらぎ)  桐(きり) 」

春つばき 夏はゑのきに 秋ひさぎ 冬はひらぎに 同じくはきり

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP