電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都産業大学 上席特別客員研究員二村 盛寧

講座タイプ:
初回講座日 2021/04/13
コース

原則第2火曜  原則13:00集合~16:00頃解散

受講料 6カ月。6回16,500円 資料代別途1200円 交通費・見学料は別途
開催地

関西地方にある重要文化財指定や、国指定の登録文化財など、洋風・和風の変化に富んだ名建築を訪ねます。

京都七条通り・三条通りの近代建築に始まり、京町家や明治42年建築の「近江八幡ユースホステル」、国の重文「孫文記念館」(神戸市)などを訪問します。

 

開講日】4月13日から 原則第2火曜

原則13時集合~16時頃解散

 

関西地方にある重要文化財指定や、国指定の登録文化財の住宅を訪ねます。

 

■期間       2021年4月~(全6回)

■場所       現地講座

■日程案と内容案

 

第1回 4月13日 (火)七条通の近代建築

京都の七条通は、京都駅の開業とともに商業が発展してきた地域です。大正から昭和初期の都市計画事業によって道幅が拡幅され、京都市電(七条線)が敷設されましたがそれ以来拡張されず、近代建築物が残るエリアです。併せて本願寺関連の近代建築を散策しながら見学します。

 

第2回 5月11日 (火)三条通の近代建築

江戸時代から三条通りは東海道の西の起点であり、両替商、旅篭等が集積し、京都のにぎわいの中心の一つであった。明治時代になってからも郵便局や電信局、銀行、保険会社等も集まるなど、都心的機能が維持されてきた通りです。今も残るこれらの建築を散策しながら見学します。

 

第3回 6月8日 (火)近江八幡 「中川煉瓦ホフマン窯」 「近江八幡ユースホステル」

「中川煉瓦ホフマン窯」は、大正元年ごろ造られた全国でも珍しい輪窯(上から見るとドーナツ型をした窯)で、昭和45年まで焼成炉として活躍した文化遺産です。また、明治42年に勧業館として建てられた建物をユースホステルとして活用している登録文化財の「近江八幡ユースホステル」を訪ねます。

 

第4回 7月14日 (水)幻想庵 その他京町家

祇園祭の宵山、京町家を訪ねます。「玄想庵」は、現在も紬問屋の社屋として使われ続けている、100年以上の歴史ある京町家です。随所に紬問屋ならではの意匠がちりばめられており2階には昭和中頃に増築された和室や70畳以上の大広間があります。このほかに祇園祭宵山に合わせて公開される町家を訪ねます。

 

第5回 8月24日 (火)月桂冠大倉記念館 伏見散策

月桂冠大倉記念館」では、酒造りや日本酒の歴史、月桂冠の歩みなど紹介しており、昔の酒造用具を行程にしたがって見学します。併せて伏見の近代化遺産を訪ねます。

 

第6回 9月14日 (火)神戸市舞子公園 孫文記念館(移情閣) 旧武藤山治邸 旧木下家住宅

舞子浜公園の文化財建築を訪ねます。国の重要文化財建築である孫文記念館は「中華」、旧武藤山治邸は、「洋風」、旧木下家住宅は「和風」と、変化に富んだ建築群を訪ねます。

 

 

※見学先は、相手様のご都合により、可能な日時が限られる場合がございますので、訪問先のご都合による日程の変更や、入れ替えなどが生じることがございますことご了承ください。

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP