電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:博士(文学),宗教情報センター専任研究員、京都大学非常勤講師、大阪大学非常勤講師佐藤 直実

講座タイプ:
初回講座日 2022/07/13
コース

原則第2水曜 10:30~12:00

受講料 6カ月・6回15,180円
開催地

7月からの半年シリーズのテーマは「両界曼荼羅のしくみ」。引き続き密教関連です。

 

2015年10月から開講している「ブッダの教えを読みとく」は、半年(全6回)ごとにテーマを変え、様々な角度からブッダの教えを解説し、仏教理解を深める講座です。現在13期目を迎えています。

 

7月からの14期目の新シリーズは「両界曼荼羅のしくみ」。

 

密教の特徴の一つに、大日如来を中心に諸尊を描く曼荼羅があります。

 

両界曼荼羅とは、種々ある曼荼羅を胎蔵(界)曼荼羅と金剛界曼荼羅の2つに集約した日本独特の定義です。

 

中央の大日如来、四方の四仏、その周りに配される菩薩や明王、護法神について、わかりやすく解説し、仏教理解を深めていきたいと思います。

 

 

1.曼陀羅のはじまり      ( 7月 13日)

2.大日如来と四方四仏          ( 8月 10日)

3.胎蔵界曼陀羅のしくみ      ( 9月 14日)

4.金剛界曼荼羅のしくみ   (10月12日)

5.両界曼荼羅と真言宗    (11 月  9日)

6.その後の曼陀羅      (12月 14日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP