電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:ペルー人音楽家セルソ・カセレス

講座タイプ:,
初回講座日 2018/02/17
コース

2月17日土曜15:00開場 15:30~16:30

受講料 1,980円 (要予約、入会金不要)
開催地

※アルパ(琴)とは、スペイン語でハープの意味

です。日本では特にラテンアメリカのフォルクローレ

で用いられる民族的な楽器を指します。

ケーナ(笛)は南米ペルー

が発祥の縦笛です。

冬のひととき、アルパや

ケーナの演奏を聴きながら、

ペルーやアンデスについての

お話もお楽しみください。

★司会・お話 大阪案内人 西俣稔 

★プログラム★

・ベサメムーチョ 

・シェリト・リンド(アルパの代表的な曲) 

・花祭り 

・荒城の月(アルパで日本曲も)

・コンドルは飛んでいく 他

※曲目の順は変更になることがあります。

  

 

セルソ・カセレスさんプロフィール 

ペルークスコ出身、明るく楽しい本場のフォルクローレ(アンデス地方の音楽)を日本の皆さん聞いてほしい。また同時にその音楽を通じてペルーや、アンデス地方

の文化・生活の一部を紹介したいと、願って全国で演奏活動を続けてきました。

(日本在住40年)

 

 

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP