電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:相愛大学名誉教授新井 俊一

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第3月曜 13:00~14:30

受講料 6カ月・6回14,520円 テキスト代別途必要
開催地

『西方指南抄』は親鸞最晩年の大著であり、内容は師の法然聖人の言行録とも言えるものです。現在の立場から見ると、親鸞と法然の間には、思想的に微妙な相違があるようですが、本書では親鸞は、法然のすべてを受け容れることによって師への最大の帰依と敬意を表しています。親鸞研究の中心的な文書である『教行証文類』などとはかなり異なった雰囲気と内容を持っており、この書を読むことによって、親鸞理解に幅が出ると思われます。

 この講義では、主に現代語訳(新井訳)を用い、重要なところは原文にも当たります。

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP