電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:宗教情報センター専任研究員 京都大学非常勤講師 大阪大学非常勤講師佐藤 直実

講座タイプ:
初回講座日 2018/10/10
コース

11月14日 12月12日 13:00~14:30

受講料 全3回7,200円
開催地

仏典は、もともとサンスクリット(梵語)やパーリ語などのインド語で書かれていました。それが漢語やチベット語に翻訳され、やがて日本に伝わりました。たとえば「般若」「娑婆」はインド語の音写です。本講座ではこれらの言語の概説を行い、仏典理解の一助となることを目指します。

【カリキュラム】(予定)

 

第1回 サンスクリット(梵語)

聖典を記すために作られた古代インドの人造雅語

 

第2回 パーリ語

上座仏教の聖典言語として尊ばれる古代インドの方言

 

第3回 チベット語

インド原典を忠実に翻訳した言語

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP