電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:花園大学名誉教授、文学博士丸山  顯徳

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第2木曜10:30~12:00

受講料 6カ月14,520円
開催地

 「神話は何かに不思議な回答を与えてくれます」

その理由は、根源的な発想・物の考え方にヒントを提供してくれるからです。

 

民族学や人類学の博物館に行くと、「先端を行く芸術家が展示物に魅入られている。」「デザイナーがデッサンをしている。」きっと、展示物の中に不可思議な深層を見ているのではないでしょうか。

 

 

この講座では、記紀神話と、これまであまり知られなかった沖縄神話とを比較することにより、記紀神話の特色を浮き彫りにします。難しい神話理論はさておき、記紀神話と沖縄神話の比較から意外なことに気付くはずです。

 

記紀神話と同じく、天の神が、海洋に島を造り、そこに人を誕生させていく。

 

海の島が人を育む。太陽・月・嵐の神、ヤマタノオロチ、難題婿、水から生まれる火、農耕の小人神、天人降下、陰部と男根の神力、尻尾のある神的人間の力。海辺で神を迎える機織りの聖処女、明るい龍宮など。昭和48年8月以来、共同で収集した7万5千話の中から珠玉の神話伝説を紹介します。

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP