電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:日本花押協会 副代表理事渡邉政良

講座タイプ:
初回講座日 2021/03/27
コース

2021年3月27日(土)13:00~15:00

受講料 3,000円 教材費2000円別(※教材費は講座日当日教室内で講師に直接お支払いください。)
開催地

【講師】日本花押協会 副代表理事   渡邉 政良

 

327日(土)13:00~15:00

 

受講料:3,000円 (※教材費2,000円別)

 

★教材費は教室内で講師に直接お支払いください。おつりが出ないようにご協力お願いします。

 

【持ち物】筆ペン・筆記用具

 

日本の署名文化「花押」について、一番栄えた戦国時代を中心に

その歴史を紐解きます。そして戦国武将などの花押を実際に書いてみましょう。

 

 

・戦国時代の花押【織田信長の花押】

・現代の花押【日本花押協会 瀬川代表理事の花押】

見面盎背(けんめんおうはい)「面に見(あらわ)れ、背に盎(あふ)る」(孟子)

人間は面より背の方が大事だ。我々は、仁義礼智などの徳や経験が心に根付くことで内面を充実させ、やがて顔に表れ、そして背中にあふれ威厳となる。前はつくろえるが後はごまかせないからだ。

・現代の花押【日本花押協会 鈴木理事の花押】

座右の銘「四海兄弟」から制作しました。世界は4つの海でできていてみんな仲間という意味です。

 

 

日本花押協会⇒一般社団法人日本花押協会 (kaou.or.jp)

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP