電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:帝塚山大学考古学研究所特別研究員甲斐 弓子ら3名

講座タイプ:,
初回講座日 2018/12/15
コース

全3回 12月15日、1月19日、2月23日の各土曜15:30~17:00

各1回 ①12月15日(土)15:30~17:00

各1回 ②1月19日(土)15:30~17:00

各1回 ③2月23日(土)15:30~17:00

受講料 全3回6,480円 各1回2,380円
開催地

日本史上に起こった重要な三つの内乱・政変を取り上げ、どのような経過をたどり、その前後で政治体制がどう転換したかをやさしく解説します。内乱・政変を通して、日本史を大きな視点から考えてみましょう。3回のテーマに対して専門家・研究者が持論を熱く語ります。

 

 

★全3回の講座テーマ★

第1回 1215日(土) 帝塚山大学考古学研究所特別研究員、甲斐弓子

「壬申の乱~わが国最大のクーデターを機に鎮護国家思想の高まりが聖武朝・天平文化へとつながっていく」

第2回 119日(土) 城郭談話会会員、福島克彦

「本能寺の変~明智光秀はなぜ『本能寺の変』が可能だったのか」

第3回 223日(土) 佛教大学歴史学部教授、原田敬一

「王政復古の大号令~徳川権力剥奪の戦いへ」

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP