電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都女子大学非常勤講師中村 武生

講座タイプ:
初回講座日 2018/07/28
コース

原則第4土曜13:30~15:00

受講料 6カ月6回14,260円
開催地

むかし学校で習ったはずの日本の歴史。うろ覚えだったり、前後のつながりが分からなくなったりしてませんか。第9期も「鎌倉時代」です。「鎌倉」と冠しますが、日本の中心は京都でした。禁裏(朝廷)の動向ともにお話しします。承久の乱後、京都と関東の関係は逆転したのでしょうか? 2度も「神風」が吹いたから元は敗れたのでしょうか?鎌倉幕府の最後の4代の将軍はすべて皇族だったと信じておられませんか? これらの疑問にお答えします。新聞やテレビでよく話題になるネタを理解したい方むきです。

 

★「もう一度学ぼう日本史 第9期」のカリキュラム★

1、7/28(土) 「北条泰時、皇位継承に意をはさむ―「後堀河」・「四条」の王統断絶」

2、8/25(土) 「将軍九条頼経追放と京都―宝治合戦とその周辺」

3、9/22(土) 「「後嵯峨天皇」危篤をめぐる政変―二月騒動」

4、10/27(土) 「蒙古と日本の戦い―文永・弘安の役(元寇)」

5、11/24(土) 「将軍源惟康が「親王」に-霜月騒動」

6、12/22(土) 「明院統と大覚寺統の対立激化―「後醍醐天皇」の登場」

 

 

 

 

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP