電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都教育大学教授谷口匡

講座タイプ:
初回講座日 2018/07/21
コース

第3土曜15:30~17:00 

受講料 6カ月14,260円
※9月は第4土曜に開催
『角川新字源 改訂新版』(KADOKAWA)税込3,240円
各自、書店でお求めください。
開催地

「鴻門の会」や「四面楚歌」で知られる司馬遷の『史記』は、歴史書であるとともに一種の伝記文学でもあります。なかでもとりわけ面白いのは、中国古代のさまざまな人物の伝記を生き生きと描く「列伝」の巻でしょう。

 

古典として長く読み継がれてきた『史記』の魅力に迫る第一歩として、いくつかの「列伝」から名場面を選び、言葉や表現、歴史背景に学びながら、じっくり味わって読んでいきます。

 
①7/21 桃李言わざれども下自ずから蹊を成す ―李将軍列伝
②8/18 地は国の本なり ―匈奴列
③9/22(第4土曜) 笞罵せらるるなきを得ば即ち足る ―衛将軍驃騎列伝
④10/20 生きて五鼎に食せずんば死して即ち五鼎に烹られんのみ ―平津公主父列伝
⑤11/17 成敗の転ずること譬えば糾墨のごとし ―南越列伝
⑥12/15 けだし禹の余烈ならん ―東越列伝

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP