電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都教育大学教授谷口匡

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第3土曜15:30~17:00 

受講料 3カ月7,130円 (2クール)
※8月は第5土曜、11・12月は第2土曜に開催
『角川新字源 改訂新版』(KADOKAWA)3,000円税別
〇10月の消費増税に伴い、10月以降の税込み受講料が変更になる予定です。
各自、書店でお求めください。
開催地

「鴻門の会」や「四面楚歌」で知られる司馬遷の『史記』は、歴史書であるとともに一種の伝記文学でもあります。なかでもとりわけ面白いのは、中国古代のさまざまな人物の伝記を生き生きと描く「列伝」の巻でしょう。

 

古典として長く読み継がれてきた『史記』の魅力に迫る第一歩として、いくつかの「列伝」から名場面を選び、言葉や表現、歴史背景に学びながら、じっくり味わって読んでいきます。

 
①7/20 曲学以って世に阿る無かれ―儒林(じゅりん)列伝
②8/31(第5土曜) 寒からずして栗く―酷吏(こくり)列伝
③9/21 要領を得ず―大宛(だいえん)列伝
④10/19 もろもろ嘗て施す所、ただ之を見んことを恐る―游俠(ゆうきょう)列伝
⑤11/9(第2土曜) 善仕は遇合に如(し)かず―佞幸(ねいこう)列伝
⑥12/14(第2土曜) 一たび鳴かば人を驚かさん―滑稽(こっけい)列伝

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP