電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:龍谷大学世界仏教文化研究センター研究員橘堂晃一

講座タイプ:
初回講座日 2020/04/03
コース

第1金曜 13:00~14:30

受講料 6カ月14,520円
開催地

世界遺産に登録される莫高窟(ばっこうくつ)の所在地である敦煌(とんこう)。

 

「華戎交わるところ、一大都会」と称されるように、20世紀初頭、蔵経洞(第17窟)から発見された膨大な写本は、敦煌の歴史が多くの民族によって形成されたことを示しています。まさにシルクロードを象徴するオアシスです。

この講座では、様々な言語で書かれた写本と美術資料をとりあげます。最新の研究成果によって紡がれる新たな「敦煌物語」に誘います。


 

2020年4月~9月予定

第1回 4/3 敦煌の歴史

第2回 6/5 莫高窟発見物語

第3回 7/3 蔵経洞の現状と封鎖の原因

第4回※ 敦煌の社会(敦煌の仏教教団)

第5回※ 敦煌と民族(チベット・ソグド)

第6回※ 敦煌と民族(ウイグル・コータン)

 

※休講となった5月分の代講日は後日検討。後半のカリキュラムは、代講日を含めて進めます。

4回め以降、8/7と9/4が何回目の内容かは代講日の日程によります。


【持参品】筆記用具

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP