電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:立命館大学非常勤講師門屋秀一

講座タイプ:
初回講座日 2018/08/21
コース

2018年8/21と9/18の各3火曜13:30~15:00

受講料 全2回5,060円
(資料代込み)
開催地

長崎、天草の潜伏キリシタン関連遺産がユネスコ世界遺産に登録されることになりました。この講座では日本独自の信仰形態を育んだキリシタンについて、宗教と思想に加えて、美術からも説き明かします。

 

キリスト教伝来から弾圧にいたる経緯、そして禁教が強まった後、潜伏キリシタンとなった人たちの宗教観は土着化によってどのように変化したのか。彼らが残した美術史料や遺物より、信仰の軌跡をたどります。

 

8月21日(火) キリスト教伝来の謎と禁教令

9月18日(火) 潜伏キリシタンから明治以降の隠れキリシタンについて

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP