電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:高槻市文化財課中西裕樹

講座タイプ:
初回講座日 2021/10/02
コース

第1土曜15:30~17:00

受講料 6カ月14,520円
※1月と3月は変則
開催地

西洋列強が開国を迫り、京都が政治の中心となった幕末。最後の築城ブームとして、大阪湾を中心に台場が築造されます。台場とは、大砲を備えた砲台場のこと。国内全体では1,000に迫る数が構築されますが、大阪湾の台場は幕末を左右する政局の産物として動乱の時代を象徴しました。また維新へ時代が動く中、二条城・大坂城・熊本城が日本史上の舞台となった一方、明治になって新たな城も誕生します。
 
この講座では、幕末維新の出来事と大阪湾岸周辺の台場、城郭を取り上げ、その歴史的な役割を考えてみたいと思います。
 
 
①10/2 黒船来航と大阪湾の台場築造
②11/6 禁門の変と枚方の楠葉台場
③12/4 大政奉還と二条城・大坂城
④1/29(第5土曜) 鳥羽伏見の戦いと高槻の梶原台場
⑤2/5 明治新政府と園部藩 陣屋から城へ
⑥3/12(第2土曜) 西南戦争と熊本城

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP