電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授 中川 理 (1月担当)

講座タイプ:,
初回講座日 2019/01/26
コース

第4土曜10:30~12:00(一般)

第4土曜10:30~12:00(会員)

第4土曜10:30~12:00(1回受講)

受講料 6カ月16,200円 (一般)
14,260円(会員)
3,240円(1回受講)
開催地

★1回受講は当日申込み可。2階受付で受講料をお支払いください。
★事前予約の1回受講希望の方は、必ず、受講希望月を決めて、お申込みください。


2019年1/26は、「都市と建築が繋がる近代」京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授 中川 理さん


*日本の近現代建築は、異人館からモダンなビルまで、時代の美意識と社会背景とともに変化しています。名建築の魅力、建築家の生涯、保存・再生の課題を6人の講師がわかりやすく語ります。

2018年10月~2019年3月カリキュラム 

10/27 武庫川女子大学客員教授、京都工芸繊維大学名誉教授 石田 潤一郎
「文明開化のかたち ――150年前の建築」

11/24 京都工芸繊維大学准教授 矢ケ崎 善太郎
「数寄屋 ― 近世から近代へ」

12/22 関西大学 環境都市工学部建築学科准教授 橋寺 知子
「北欧モダニズムと日本の近現代建築」

1/26 京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授 中川 理
「都市と建築が繋がる近代」

2/23 建築家、近畿大学建築学部准教授 髙岡 伸一 
「大阪における近現代建築の活用」

3/23 京都工芸繊維大学教授  松隈 洋
「ル・コルビュジエと日本、そして三人の弟子たち」

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP