電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:ヴォイストレーナー、日本ピアノ教育連盟会員、認知症予防音楽ケア体操指導員松下仁美

講座タイプ:
初回講座日 開講中。いつからでも入会可
コース

第1・3月曜10:30~12:00

受講料 3カ月15,360円
開催地

健康な声を育てましょう

声がれや誤嚥(ごえん)予防などの声や喉の老化防止に効果がある実践重視の講座です。
声帯を健康に保って、歌声や話す声に磨きをかけてみませんか。
解剖生理学に基づいたストレッチで体と声を結びつける感覚を養うことで、深い呼吸、無理のない豊かな発声が楽しく身につきます。
理にかなった発声テクニックで理想の声を育てましょう。


<講座内容>
○ボイストレーニング(発声練習)
解剖生理学に基づいた方法で行ないます。
喉や腹筋、呼吸器などの内臓が自然に鍛えられ、声や喉の老化防止に繋がります。
○歌(童謡唱歌や懐メロなど親しみのある歌)、朗読
脳が活性化され、声を出すことで気分がスッキリし、リラックス効果も生まれます。
○レクリエーション(簡単な運動や軽いストレッチなど)
体を動かすことで心身が活性化され、健康増進に繋がります。


✳︎✳︎✳︎
松下仁美プロフィール
大阪芸術大学卒業後、アンサンブルや伴奏で多数の演奏会に出演。日蘭交流400年記念コンサートではオーケストラの練習ピアニストを務め、ズラタン・スルジッチ氏からも信頼を得る。また、ジャズピアニストのショーン氏との出会いによりレパートリーの幅を広げる。共演者との調和を大切にする一方、独自の世界から生み出される魅力的な音色と空間に多くのアーティストから絶大な信頼と支持を得ている。ピアノを藤沢久容、江田縫子、安田宏子の各氏、伴奏法をヴァル・ディクソン氏、声楽を瀬野光子氏に師事。現在は器楽・声楽・合唱団・講座などの専属ピアニストを務める傍ら、大阪産経学園、毎日文化センター大阪でコーラス、ピアノ、ボイストレーニング講師を務める。医学博士 小松智子氏に解剖生理学の指導を受け(現在も継続中)、骨の形成、筋肉の付き具合などを基に、体幹を鍛えるなど声の出し方を実践で指導。また、記念コンサートや定期演奏会のMCおよびマネジメント、病院や公共施設での音楽ケアプログラム講師も担当。 日本ピアノ教育連盟会員、大阪音楽大学付属音楽学院ピアノ指導員、(一財)国際技能・技術振興財団認定  認知症予防音楽ケア体操指導員
✳︎✳︎✳︎

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP