松尾芭蕉『おくのほそ道』を読む
New
入会金必要
常時入会可

元柿衞文庫学芸員瀬川 照子

講座説明

「月日は百代の過客にして行きかふ年も又旅人なり」

壮大なスケールで始まる『おくのほそ道』。芭蕉は155日間の東北漂泊の旅で何を見つけ、何を伝えようとしたのでしょう。

古文書に興味のある方、旅行好きの方、歴史に関心のある方、俳句愛好者、そして少し立ち止まって人生を考えてみたい人も、一緒に『おくのほそ道』を読んでみませんか。本書は読めば読むほど、多くの事を語りかけてくれます。

 

4/25 芭蕉の履歴書
5/23 代表句「古池や」は名句? おくのほそ道出版事情
6/27 旅へ、おくのほそ道
7/25 草加から室の八島へ
8/22 「あらたうと青葉若葉の日の光」日光
9/26 那須野での出逢い

※4クール(2024年4月~2026年3月)で完結予定です

  • 講座タイプ
  • 常設講座

  • 初回講座日
  • 2024年04月25日

  • コース
  • 第4木曜13:00~14:30

  • 受講料
  • 6カ月6回
    15,180円

  • 受講のしかた
  • 大阪

電話でのお問い合わせは06-6346-8700