平家物語の人間像
-木曽義仲を取り巻く人々-
入会金必要
常時入会可

同志社大学教授源 健一郎

講座説明

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす


『平家物語』冒頭のあまりにも有名なくだりです。私たちの魂を揺さぶり、一度耳にしたら忘れられないようなインパクトがあります。平家一門の栄華と滅亡を、仏教の因果律・無常観に基づいて描いた『平家物語』のなかには、たくさんの登場人物が行き交います。本講座では、そうした人々の人間像に注目してテーマを設定します。

今期(2024年4月~9月)は武者たちを取り上げます。源平合戦は、大将格の者だけでなされたものではありません。そこには多くの武者たちが参じては去り、時には命を落としました。大将に仕える武者たちの視線から、『平家物語』を読んでいきたいと思います。

 

4/23 平家に仕えた武者たち ―経遠・兼康


5/28 平家に仕えた武者たち ―盛国・貞能


6/25 以仁王・頼政に仕えた武者たち


7/23 義仲に仕えた武者たち


8/27 乳母子たちの立場


9/24 主を選択する武者たち

  • 講座タイプ
  • 常設講座

  • 初回講座日
  • 開講中

  • コース
  • 第4火曜13:00~14:30

  • 受講料
  • 6カ月6回
    15,180円

  • 受講のしかた
  • 大阪

電話でのお問い合わせは06-6346-8700