電話でのお申し込みは 06-6346-8700

講師:京都産業大学教授小林一彦

講座タイプ:
初回講座日 2022/04/14
コース

第2木曜13:30~15:00

受講料 6カ月14,850円
※5/12休講⇒6/30代講
8/11休講⇒9/29代講
開催地

王朝文学の精髄がすべて流れ込んでいる『新古今和歌集』をひもときながら、日本人の自然観と平安の雅を読み味わいます。
柿本人麻呂、小野小町、紀貫之、和泉式部、桜と月を愛した西行法師。さらに『源氏物語』を称揚した藤原俊成とその子・定家、若き万能の天才・後鳥羽上皇、『愚管抄』を著した慈円、賀茂の斎院であった式子内親王、似せ絵の天才画家・藤原隆信、『方丈記』の鴨長明ら、綺羅星のごとき歌仙たちの歌を集めた、美しい歌集です。

 

「恋部」(王朝の恋歌)もいよいよ佳境に入ります。

 

4/14 会えなかった後朝

6/9 風月に寄せた恋

6/30(第5木曜) 暮を待つ

7/14 来ぬ人を待つ

9/8 恋の贈答(1)

9/29(第5木曜) 恋の贈答(2)

 

 

○使用テキスト
角川ソフィア文庫『新古今和歌集(下)』久保田淳訳注 を使います。お近くの書店でお求めください。

電話でのお申し込みは 06-6346-8700

TOP