「世界人としての日本人」鈴木大拙から学ぶ
New

関西大学文学部教授水野 友晴

講座説明

 

世界的な知名度を有し、Zen(禅)を世界に広めた仏教学者・鈴木大拙(貞太郎、1870年−1966年)。

彼の作品には、自由、平和、自然、共生、人間など、現代の私たちがもう一度深く考え直す必要が出てきたことがらについての重要な提言が含まれています。


この講座では鈴木大拙の著作を読みつつ、大拙の提言から現代世界の問題を考え、受講生の皆さんと意見交換してみたいと思います。

 

★鈴木大拙(すずき だいせつ)ってどんなひと

・ノーベル平和賞候補者

・Zenを世界に伝えた「二人のスズキ」の一人

・現代音楽家ジョン・ケージや精神分析家エーリヒ・フロムに影響を与えた人物

・NHKの朝ドラで話題の「東京ブギウギ」の作詞者鈴木勝の父親

 

2024年4~9月カリキュラム 

1    4月5日    鈴木大拙の生涯
2    5月31日※    大地の思想(1)『日本的霊性』を読む
3    6月7日    大地の思想(2)『日本的霊性』から学ぶ
4    7月5日    東洋的自由(1)『東洋的な見方』を読む
5    8月2日    東洋的自由(2)『東洋的な見方』から学ぶ
6    9月6日    「世界人としての日本人」

 ※5月3日休館日のため、5月31日(金)に変更しています

 


 

  • 講座タイプ
  • 常設講座

  • 初回講座日
  • 2024年04月05日

  • コース
  • 原則第1金曜10:30~12:00

  • 受講料
  • 6カ月6回
    15,840円

  • 受講のしかた
  • 大阪

【講師詳細】

比較宗教学専修 1)日本哲学研究:西田幾多郎、鈴木大拙、和辻哲郎、清沢満之など、近代日本の哲学や宗教の分野で活躍した思想家について、彼らの思想の中核にあるものと、相互交流関係、また、近代以前の伝統的日本思想との系譜関係について研究しています。2)比較思想研究

電話でのお問い合わせは06-6346-8700