講座一覧

[講座タイプ] 常設講座   

236件 講座中  221~230件目を表示

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験

    豊竹呂太夫の義太夫発声ゼミ

    入会金必要
    常時入会可
    体験

    世界無形文化遺産に指定された人形浄瑠璃・文楽は、日本を代表する伝統芸能の一つで、太夫・三味線・人形が一体となった総合芸術です。太夫の“義太夫節”は、登場人物のセリフや人となり、場景描写などの劇的表現を語りこなします。 大勢の人に語るために大きな声と腹筋力が必要です。 腹式深呼吸による発声の基本や、感情の表現法を、文楽公演で活躍する現役の太夫が楽しく指導します。豊竹呂大夫(とよたけ ろだゆう)改め、2024年4月に、十一代豊竹若太夫(わかたゆう)襲名の講師を中心に行います。 大きな声をだすことはストレス解消になり、健康増進にも役立ちます。あなたも伝統文化の『情』の世界を味わいませんか。「義経千本桜」「絵本太功記の尼ケ崎の段」などの一節を皆さんと一緒に語ります。   【1日体験(入会金不要)】常設講座の開講日に体験できます。 ※公演の都合で日程が変わることがあります。必ず、開講日をお問い合わせください。 ★体験せずに直接ご入会頂くこともできます。  

    文楽太夫 豊竹 呂太夫

    文楽太夫 豊竹 呂太夫

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験

    水彩色えんぴつ

    入会金必要
    常時入会可
    体験

    「水彩画」+「色鉛筆画」の楽しみ。 水彩色鉛筆は水で溶け「色鉛筆画」と「水彩画」が同時に楽しめる画材です。講師オリジナルの工程表をもとに、静物・風景画を制作していきます。絵画初心者には特にオススメです。 簡単に道具の持ち運びが可能なので、旅先で思い出の場面をスケッチするのにも便利です。また、シニア世代や写真や旅行の趣味の方にも人気です。 講座では水彩色鉛筆の使い方からテクニックまで、季節に応じた花、野菜などをモチーフに描いていきます。描くことでリラックできる「癒やしの空間」を演出しリフレッシュしてもらいます。 【一日体験料】2,260円(1回のみ可能)  受け付け締め切りは、受講日の3日前まで。 【一日体験持ち物】鉛筆(HB)、消しゴム、カッターナイフ、ティッシュ、布(筆拭き用) ※一日体験の場合、水彩色鉛筆と筆はお貸しします。紙も教室で用意します。 画材の販売もあります(事前予約必要)。スターターセットは約19,400円です。 通信講座はこちらをご覧ください。⇒水彩色えんぴつ通信講座

    イラストレーター、画家 おかもと ゆみ

    イラストレーター、画家 おかもと ゆみ

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験
    女性限定

    ゆる体操とウオーキング 初級

    入会金必要
    常時入会可
    体験
    女性限定

    ゆる体操は、全身の力を抜き、呼吸法、気功も取り入れながらやさしく体を揺らします。参加者は「ゆる体操をするだけで肌がすべすべになった」「持病の肩こりがなくなってすっきりした」「出席するたびに若返るようです」と話します。テレビや雑誌でも話題を呼んでいる体操で、地域ぐるみで住民の健康増進に取り入れているケースもあります。 コロナ禍で外出を控えている間に、体が硬くなって疲れやすい、歩くのが億劫になった、何もやる気がしなくなった当方が増えています。最近話題の腹式呼吸を取り入れたゆすったち、さすったりする体操で、運動不足を解消し、自律神経を整え、免疫力をアップして、心も体もリラックスしましょう。この一年は疲れない歩き、素敵な歩きを身に着ける体操にも力を入れて指導します。 動きやすい服装でご参加ください。荒木講師はテレビ出演で活躍中。※女性のみ受講可。 一日体験を申し込みの場合は、お申込時に「ご意見・ご要望」欄に参加ご希望日時を書いて下さい。  

    日本ゆる協会公認中級指導員 荒木 孝二

    日本ゆる協会公認中級指導員 荒木 孝二

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験

    菊地流殺陣教室

    入会金必要
    常時入会可
    体験

    時代劇のドラマや漫画で憧れたヒーローや悪役気分を楽しみながら、ストレス発散! サムライたちが刀を使って斬ったり斬られたり、テレビや映画でおなじみの刀を使った戦いの場面を殺陣(たて)といいます。この講座では抜刀や納刀などの型から斬り斬られる組手までを基本に沿って指導します。あわせて時代劇の所作や作法も身につけることができます。 服装、持ち物:裸足、動きやすい服装、木刀、蓋のついた飲み物 ※木刀、袋のセット(2,700円)を教室内で販売。 事前にご予約ください。講座初日に販売します。 一日体験のご案内<随時・見学の場合は15分無料> 実際に、講座へご参加いただけます(1回のみ・一日体験料2,530円) 人数を制限して行っていますので、事前予約が必要です。 お申し込みの際は、備考欄に希望日時を記入ください。 ※体験の場合、木刀は無料レンタルします。 必ずお読みください 受講料は前納していただきます。ご予約のお電話をいただきましたら、センターから専用の払込用紙を送付します。ご入金はゆうちょ銀行・郵便局での払い込み、または当センター受付窓口で直接お支払いのいずれかでお願いしております。恐れ入りますが払い込み手数料はご負担ください。 ※払込用紙の半券(払込票兼受領証)は受講票が届きますまで保存してください。開講初日に当センター2階受付で受講票を提示ください。毎日文化センターは会員制です。一日教室は入会金不要。常設講座に入会の際は、入会金は5,500円、65歳以上の方は3,300円です。 ※開講当日、およびそれ以降のキャンセルのお申し出による受講料の返金はできかねますのでご了承ください。 ※教室には更衣室があり、100円返却式のロッカーも設置しています。講座はジャージやTシャツなど動きやすい服装、裸足にて行います。

    菊地流総師範 菊地竜志認定師範 鷹矢 恭司

    菊地流総師範 菊地竜志認定師範 鷹矢 恭司

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験

    やさしいカラオケ大学

    入会金必要
    常時入会可
    体験

    一人ひとりの問題点をクリニックして、その解決法を団体レッスンとして勉強します。基本の発声から歌唱法まで幅広く、やさしく、わかりやすく指導します。マスターしたい曲のカラオケCDなどをご持参ください。 【一日体験を受講される方へ】 歌いたい曲のカラオケCDなどをご持参下さい。特にない場合は常設講座受講生の課題曲を一緒に体験受講していただきます。なお、一日体験はお一人様1回に限らせていただきます。 ホームページから申し込みの際は一日体験の受講希望日を明記ください。  

    作曲家 高松伸光

    作曲家 高松伸光

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験
    女性限定

    フラメンコ (月曜・森川クラス)

    入会金必要
    常時入会可
    体験
    女性限定

    スペインの南、アンダルシアの民族舞踊フラメンコ。情熱と哀愁に満ちた曲に乗せ、華やかにスカートをひるがえし、足を踏み鳴らしましょう。心地よいアロマを効果的に取り入れたスペースで、心身共にリフレッシュ。心躍り、個性と魅力を引き出すフラメンコを基礎から丁寧に指導します。 【持参品】フレアのロングスカート、3cm~5cmのパンプス ※いずれも貸し出しはございません。 森川講師のサイトはコチラ

    フラメンコ舞踊講師 森川やすこ ほか

    フラメンコ舞踊講師 森川やすこ ほか

  • 入会金必要
    常時入会可
    体験

    社交ダンス

    入会金必要
    常時入会可
    体験

    社交ダンスの魅力は踊ってこそです。ダンスが始めてという方でも基本から学べます。技術や年齢に関係なく、やればやるほど上達します。女性のシェイプアップに、男性の健康に、また、気分転換・ストレス解消に、魅力いっぱいのソシアルダンスを始めてみませんか。正しく、楽しい踊り方を身につけて、いろいろなパーティーでご活躍されてはいかがですか。男女ともダンスシューズを使用、女性はヒールカバーを必ずつけてください。 月初めならいつからでも始められます。

    幸村ダンススクールスタッフ

    幸村ダンススクールスタッフ

  • 入会金必要
    常時入会可

    通信講座 エッセイ教室

    入会金必要
    常時入会可

    【提 出】毎月1作品、原稿用紙10枚以内 【締 切】毎月15日 、講師が添削後月末に返送 常の出来事をさらりと書いて、しかも心に残るエッセイを目指します。 叙情的なものから社会性のあるものまで。 初心者もさらにグレードアップしたいとお考えの方もどうぞ。優れた作品はどんどん公募に挑戦しましょう。 メールでの提出が可能です。作品を添削後、郵送でお返しします。 ※月初めならいつからでも受講可能です  

    童話作家・詩人 日産童話と絵本のグランプリ作家 尾崎 美紀

    童話作家・詩人 日産童話と絵本のグランプリ作家 尾崎 美紀

  • 入会金必要
    常時入会可

    通信講座 ゆうゆう北水の書 -“ゆっくり”ペース!-

    入会金必要
    常時入会可

    【提 出】毎月2回、半紙月2枚 【締 切】毎月15・30日 幼い頃から書道は身近な稽古事。時間がとれない方も、自宅や職場で好きな時間・・・和やかにゆったり習えます。 テキスト“北水”は格調ある古典臨書をベースに日頃の筆文字から、含蓄ある詩歌や語句を楷行草隷篆書体で。 基本点画をお稽古したら、競書誌「辰風」で楷書・行書・草書+日々の書(細字)を書いてみてはいかがですか?なじみの深い「般若心経」の260字を、古くてお洒落な文字《篆書・テンショ》で書いてみませんか?お手本は月に一度半紙に4文字を2枚。“ゆっくり”ペースで味わいながら書く快感を習得します。①か②をお選び下さい。 朱液での添削とポイントアドバイスを添えて返送します。 ※月初めならいつからでも受講可能です  

    毎日書道展審査会員 葉山 光波

    毎日書道展審査会員 葉山 光波

  • New
    入会金必要
    常時入会可

    親鸞聖人と浄土真宗 ~立教開宗800年を迎えて~

    New
    入会金必要
    常時入会可

    今年(2024年)は浄土真宗が立教開宗されたといわれる「元仁元年(1224年)」から、ちょうど800年を迎えます。 「浄土真宗」という宗名は、今は教団(宗派)の名称として認識されていますが、親鸞聖人は教団名ではなく、教えの名称として用いられていました。このような節目の年に、親鸞聖人が「浄土真宗」という宗名に込めた意味と、立教開宗の意義を学んでいきます。   ① 4/1 親鸞聖人に立教開宗の意図はなかった!? ② 5/13(第2月曜) 立教開宗の年「元仁元年」について ③ 6/3 『教行信証』執筆の背景と時代観 ④ 7/1 「浄土真宗」という教え(その1) ⑤ 8/5 「浄土真宗」という教え(その2) ⑥ 9/2 教団名としての「浄土真宗」

    相愛大学非常勤講師 四夷 法顕

    相愛大学非常勤講師 四夷 法顕

23/24ページ