講座一覧

275件 講座中  261~270件目を表示

  • 入会金不要
    見学不可
    途中入会不可

    第35回近畿市町村広報紙セミナー(2023)

    入会金不要
    見学不可
    途中入会不可

    【日 程】2023年7月25日(火)、26日(水)、27日(木)いずれも13:30~ ベテラン記者らが「読まれる広報紙」作成に役立つ、特集記事の作り方や写真の撮り方など実践的な指導・助言を自治体や議会などの広報担当者向けに行います。セミナー後、「広報紙コンクール」を実施します。近畿以外の方も受講もお待ちしております。 コロナ禍をきっかけに始めたオンラインでのセミナー開催が好評につき、今年度もオンラインで実施することにいたしました。皆様のご参加をお待ちしています。 7月25日(火)13:30~16:20 講義 「広報紙 -変わらないこと、変えていくこと-」 講義 「広報担当者のための写真講座」 7月26日(水)13:30~16:50 講義 「読者に届く見出し」 講義 「校正のコツ」 講義 「紙とWebの使い分け -SNSの特性を生かした投稿について-」 7月27日(木)13:30~16:30 講義 「伝えるためのレイアウト」 パネルディスカッション 「変化する中での“信頼される広報紙”とは」 ※途中休憩などあり 講座内容、担当講師と詳細なタイムスケジュールは下記リンクをご確認ください。 2023広報紙セミナー日程 Web会議システム「Zoom」ウェビナーを使用します。 パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。ウェビナーは受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 〇受講前にご確認ください。 第35回広報紙セミナー参加のご案内 第35回セミナー参加要領 【申し込み方法】 7月7日(金)までに広報紙セミナー専用申し込みフォームよりお申し込みください お申し込み受理後のメールにて事前アンケートフォームのURLリンクをお送りしますので、回答にご協力をお願いします。 お申し込みをされた団体は、最近発行された広報紙10部(同じもの)を7月7日(消印有効)までにお送りください。講師が講義を行う際の参考にさせていただきます。 ※お送りいただいた広報紙は、セミナーで使用させていただくことがございます。 【広報紙送り先】 〒530-8251 大阪市北区梅田3-4-5 毎日文化センター「近畿市町村広報紙セミナー」係 【お申し込み先】 広報紙セミナー専用申し込みフォームはこちら 【広報紙コンクールについて】 「広報紙コンクール」は2023年も秋に実施します。実施要項はセミナー参加団体に、後日ご案内いたします。「広報紙セミナー」参加団体が対象のため、コンクールへの参加料は必要ありません。奮ってご参加ください。 【お申し込み先】 広報紙セミナー専用申し込みフォーム 広報紙セミナー専用申し込みフォームはこちら お電話・FAXでの申し込み受け付けはしておりません。 主催:毎日新聞社、毎日文化センター 協賛:株式会社F・Link  

    ↓↓下記の広報紙セミナー専用申し込みフォームよりお申し込みください 梶川伸・元毎日新聞論説委員、毎日新聞社現役記者ほか

    ↓↓下記の広報紙セミナー専用申し込みフォームよりお申し込みください 梶川伸・元毎日新聞論説委員、毎日新聞社現役記者ほか

  • New
    入会金不要

    2回で学ぶ”数の不思議”

    New
    入会金不要

    私たちが日常、当然のように使っているゼロ(0)や無限(∞)には、数学的に非常に奥深いものがあります。このゼロや無限の考え方から、微分や積分が生まれました。また、数の“原子”と言われている素数(自分自身しか割れない数)問題は、現在の数学でも未解決な問題として残されています。 第1回: ゼロと無限     数として認知されたゼロよって、数学が発展した。     無限∞とは何か?無限の概念から微分、積分が発見された。 第2回: 素数とリーマン予想     数学の未解決である素数とは?     ガウスの定理からリーマン予想

    理学博士・元近畿大学理工学部教授 田中 聰

    理学博士・元近畿大学理工学部教授 田中 聰

  • New
    おすすめ
    入会金不要

    藤井聡太8冠 VS 「振り飛車」 プロ棋士、北浜健介八段が解説する王将戦

    New
    おすすめ
    入会金不要

    毎日文化センターに将棋の棋士、北浜健介八段に登場してもらいます!史上最年少で全タイトル8冠を制覇した藤井聡太名人・王将。新年最初の防衛戦は王将戦で、振り飛車党のエース、菅井竜也八段が相手。居飛車党の攻め将棋から振り飛車党に転向し、詰め将棋の名手でもある北浜八段は、うってつけの講師・解説者です。第1局からの対局を振り返り語ってもらいます。藤井8冠のプロ入りから取材する毎日新聞学芸部の新土居仁昌記者には対局風景や裏話も披露してもらいます。 写真は王将戦第1局1日目、立会の塚田泰明九段(手前右)に封じ手を渡す挑戦者の菅井竜也八段(同左)。中央奥は藤井聡太王将=栃木県大田原市のホテル花月で7日=毎日新聞社撮影。 顔写真は左から、北浜健介八段、新土居仁昌記者      

    日本将棋連盟棋士八段 北浜 健介

    日本将棋連盟棋士八段 北浜 健介

  • New
    入会金必要
    常時入会可

    親鸞聖人と浄土真宗 ~立教開宗800年を迎えて~

    New
    入会金必要
    常時入会可

    今年(2024年)は浄土真宗が立教開宗されたといわれる「元仁元年(1224年)」から、ちょうど800年を迎えます。 「浄土真宗」という宗名は、今は教団(宗派)の名称として認識されていますが、親鸞聖人は教団名ではなく、教えの名称として用いられていました。このような節目の年に、親鸞聖人が「浄土真宗」という宗名に込めた意味と、立教開宗の意義を学んでいきます。   ① 4/1 親鸞聖人に立教開宗の意図はなかった!? ② 5/13(第2月曜) 立教開宗の年「元仁元年」について ③ 6/3 『教行信証』執筆の背景と時代観 ④ 7/1 「浄土真宗」という教え(その1) ⑤ 8/5 「浄土真宗」という教え(その2) ⑥ 9/2 教団名としての「浄土真宗」

    相愛大学非常勤講師 四夷 法顕

    相愛大学非常勤講師 四夷 法顕

  • New
    入会金必要
    途中入会不可

    瓦を読む 紫式部が生きた時代を中心に

    New
    入会金必要
    途中入会不可

     瓦は土器と並ぶ考古学の基本資料である。考古資料としての瓦にどんな歴史情報が含まれているのか? 平安時代中・後期(10~12世紀)の出土瓦をおもな材料にして、瓦から歴史情報を引き出す方法とその成果について具体的に述べる。 ① 4月23日 清少納言がみた瓦葺き屋根-瓦と瓦屋根の基礎知識- ② 5月28日 藤原道長による法成寺造営-官窯体制の解体と再編- ③ 6月25日 平等院鳳凰堂瓦の供給体制-頼通・寛子・忠実の場合- ④ 7月23日 白河・鳥羽院政の御所・御堂-鳥羽離宮と六勝寺造営- ⑤ 8月27日 播磨国にもいた福原殿贔屓-清盛政権下の造営事業- ⑥ 9月24日 重源上人による東大寺復興-中世瓦生産体制の形成-

    京都大学名誉教授  上原眞人

    京都大学名誉教授  上原眞人

  • New
    入会金必要
    常時入会可

    英語で読む『春にして君を離れ』

    New
    入会金必要
    常時入会可

    ミステリーの女王、アガサ・クリスティーがメアリ・ウェストマコットという名で書き上げた作品で、評価が高く近年注目を浴びてきた人気のAbsent in the Springを読んでいきます。 主人公はエルキュール・ポアロでもミス・マープルでもなく、ロンドン郊外に暮らす女性で夫を支え子供たちを立派に育て上げ理想の家庭を築いてきたと自負しています。娘の見舞いに訪れた異国の地の帰りに、偶然女学生時代の友人と出会い話をするうちに、ふと、自分の人生は自分が思っているような人生だったのかと疑問を持ち始めます。足止めされた砂漠で過去を振り返り、記憶をたどっていくうちに、理想と思っている人生は、ただ自分が見たいように見ていた人生ではなかったのか…真実から目をそらしていたのではないか…と思い始めていきます。 殺人も起こらず探偵も登場しませんが、さすがにクリスティーの作品だけあって、真実が徐々に浮かび上がっていく過程には、ミステリー感サスペンスにあふれています。クリスティーが本当に書きたかった一作ではないかと思います。 読みやすい小説です。原文を味わい、読み手それぞれの思いと照らし合わせながら楽しんで読みましょう。

    英米文学博士 英語学校講師 橋本万里子

    英米文学博士 英語学校講師 橋本万里子

  • New
    おすすめ
    入会金不要

    ユーチューバーを巡礼して 仏教と発信

    New
    おすすめ
    入会金不要

    2022年4月から毎日新聞「文化の森」のページで連載されているシリーズ「僧侶・陽人のユーチューバー巡礼」は人気のコーナーです。自らもYouTubeを手がける僧侶の小池陽人さんがさまざまなユーチューバーを訪ねて、その取り組みを仏教の視点を交えて考える内容は毎回、示唆に富みます。小池さんを招き、約2年の「巡礼」で見えてきたこと、YouTubeと宗教、現代社会について、連載を担当している毎日新聞大阪本社の花澤茂人・学芸部専門記者との対談形式で話していただく一日講座です。オンラインはパスマーケット↓からお申し込みください。 ユーチューバーを巡礼して in大阪 - パスマーケット (yahoo.co.jp)

    須磨寺僧侶、寺務長 小池陽人

    須磨寺僧侶、寺務長 小池陽人

  • New
    入会金不要

    インド神話と日本の神々

    New
    入会金不要

    インド神話には、聞き覚えのある話が多くあります。 由来や日本との類似点などを詳しく語ります。 川の女神サラスヴァティーと弁財天 【開講日】2024年3月1日(金)10:30~12:00  日本各地で祀られている弁財天は、インド神話の川の女神サラスヴァティーが中国で弁財天(弁才天)と訳されて日本に伝わりました。ところが、ペルシャ神話の川の女神であるアナーヒターはハラフワティーという別名があるので、サラスヴァティーとハラフワティーは同じ語源であったと考えられます。そうすると、ペルシャで信仰されていた川の女神がはるばる日本まで伝わって七福神の一つになったと思われます。   『古事記』と『ラーマーヤナ』 【開講日】2024年3月15日(金)10:30~12:00  インドの大叙事詩ラーマーヤナにでてくる王女シーターは、古事記に出てくる木花之佐久夜毘売と多くの類似点があります。またシーターの夫であるラーマ王子は、昔話の桃太郎と多くの類似点があります。今回はラーマーヤナが日本の神話や説話に影響を与えた可能性について考えてみましょう。    

    パーリ学仏教文化学会理事、元近畿大学教授 西尾 秀生

    パーリ学仏教文化学会理事、元近畿大学教授 西尾 秀生

  • New
    おすすめ
    入会金不要
    見学不可

    薔薇と西洋文学

    New
    おすすめ
    入会金不要
    見学不可

    薔薇はその豪華さの故に多くの文学作品に登場します。この講座では、薔薇と西洋の文芸作品の関わりについて、薔薇の持つ象徴性や含意がどのような形で具体的な文芸作品の中に現れているのかということに焦点をあてて、考えてみたいと思います。薔薇を鑑賞する際、隠されたメッセージを感じとることができるようになるのでは!? 取り上げる文学作品(予定) ギリシャ神話、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」、「ソネット」、フォークナー「エミリーに薔薇を」,ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」、ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」、テネシー・ウイリアムズ「ガラスの動物園」、ダンテ「神曲」など

    近畿大学名誉教授 濱本秀樹

    近畿大学名誉教授 濱本秀樹

  • New
    入会金必要
    常時入会可

    体を使ってEnglish!

    New
    入会金必要
    常時入会可

    英語はリズムがとても重要です。手をたたいたり、腕を回したり、体を動かしながら英語を覚えます。英語は日本語よりも多くの「息」を使うため、英語に必要な発声や日本語にはない独特の発音も、体を使って練習します。   「英語がなかなか覚えられない」「聞けばわかるのに話す時にさっと口から出てこない」という悩みを持つ方のために、英会話でよく使う単語や英文を体に染み込ませて身に付けます。日本語と英語の違いを、リズムに乗って楽しく練習しましょう。   〇初心者が対象で、レベルは中学2年生程度。英会話が初めての方も安心してご参加ください。  

    英語講師・通訳案内士・翻訳 寺尾 和子

    英語講師・通訳案内士・翻訳 寺尾 和子

27/28ページ