宗教・思想

親鸞「西方指南抄」を読む 親鸞のこころに触れる

親鸞「西方指南抄」を読む

『西方指南抄』は親鸞最晩年の大著であり、内容は師の法然聖人の言行録とも言えるものです。現在の立場から見ると、親鸞と法然の間には、思想的に微妙な相違があるようですが、本書では親鸞は、法然のすべてを受け容れることによって師へ 詳細を見る


TOP