朝/9:30~12:00

親鸞の教え 「和讃」のこころ

親鸞の教え

「和讃」とは、難解な経典のこころを和語(日本語)で讃嘆する詩という意味で、親鸞聖人が書かれた和讃は五百首を超えます。その中の『浄土和讃』・『高僧和讃』・『正像末和讃』を『三帖和讃』といいます。その言葉を通して親鸞聖人の世 詳細を見る

歎異抄を読む

歎異抄を読む

永遠のベストセラーともいわれている『歎異抄』は、親鸞聖人の弟子唯円が、聖人の言葉と異なった教えが流布しているのを嘆き、人々の不審を除くために著した浄土真宗の核心にふれる書物です。皆さんとともに、本書を丁寧に読み親鸞聖人の 詳細を見る

投稿賞をめざすエッセイ教室

投稿賞をめざすエッセイ教室

エッセイは自分の体験や感性、ありのままの気持ちを表現しますが、投稿賞の応募作品には読み手に響くキーポイントがあります。その工夫には、これまで歩んで来た人生経験、ユニークな体験、あなただけの知識も大切です。 プロの作家とし 詳細を見る

古地図でたどる大阪偉人の足跡

古地図でたどる大阪偉人の足跡

往古から大阪には、様々な先人が活躍し、今の大阪や日本を築いてきました。先人の足跡を古地図で学びます。(座学です) 【カリキュラム】       ・奈良時代~江戸時代前期(聖徳太子、吉田兼好、豊臣秀吉等 詳細を見る

能面打ち

能面打ち

能面製作を通じて日本の伝統文化への理解を深めてください。 まず半年かけて木曽桧で「小面」を彫り彩色して仕上げます。 以降は「翁」「中将」「小飛出」「大べし見」の順に打ってゆきます。       小面            詳細を見る

練功十八法と太極拳

首、肩、腰、足の痛みを予防、治療する過程で創造され、発展してきた「練功十八法」を用いて、日頃の疲れを癒し、身体の調子を整え、正しい姿勢づくりから太極拳の基礎へと入っていきます。簡化二十四式の初級(A)から後半のクラス(B 詳細を見る


TOP